This webblog is written only in Japanese but please take a look around. If you can't read Japanese, I'll say to you "I'm sorry".
And, This webblog is made from any jokes.
このブログは架空鉄道です。
桜花提督様のイラストです。燕は桜花提督を応援しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | Comments(-) | Trackback(-) | スポンサー広告

はじめましてw

 はじめましてw バーチャルネット運転士 燕「クモヤ901ヒ」です。
 え~……自己紹介という訳ですが、何を書いていいやら……とりあえず営団ニュースに載せた自己紹介文を転載します。




皇紀2665年 4月1日 帝国高速度鉄道営団広報部配信「営団ニュース」4月号より引用。


今年度より、帝国高速度鉄道営団本線に配属されました、燕「クモヤ901ヒ」です。

 さて本日は、歴史と重い責任のある運転士に、年端も行かぬ少女が着任したという事に対して疑問を感じている利用者皆々様に、御理解御納得頂き安心してご利用頂きたく思い、この機関紙「営団ニュース」に自己紹介文を書かせて頂きました。

 
其ノ壱
 大東亜戦争頃、鉄道省が計画し戦況悪化により挫折した弾丸列車計画、「省線でできないなら民間でやっちまおう」という一部の強硬派によって民間資本による工事が進められ、数年後には東京大阪間を開通させるまでに至った事は周知の事実であると思います(これにより、しばらく鉄道省と営団は断交関係にありました)。
 この際、高速車両の安全性を高めるためにATC(自動列車制御装置)とATS(自動列車停止装置)が導入されました。これは高速で走る列車を信号通りに安全に停止させる事ができ、なおかつ使い方によっては無人で高速列車を走らせる事もできる優れものです。


其ノ弐
 しかし、完全に無人化する事はホームドアの為にTASC(駅停止位置制御装置)を導入してからも長らく無理だと判断されてきました。
 ATO(自動列車制御装置)を導入すると、どうしてもフレキシブルな運用に従事できなくなりますし、何百両もある車両を全部改造するにはお金がかかりすぎます。運賃値上げだけはやりたくありません。
 さらに、地下鉄など天候に左右されないような線ならともかく、関が原での積雪や台風などの影響をもろに受けやすい東海道山陽・九州区間では遅れ回復はやはり人によるフレキシブルな職人技がどうしても必要な訳です。
 つまり、機械であるが故の欠点という事です。


其ノ参
 この欠点を補う為に、プロジェクトは鉄道省鉄道研究所はもとより鉄道業界以外のあらゆる業界で使われている技術から「これは」という解決策を探していました。
その結果、省内で高速鉄道の車両設計を行っていた元空軍技術士官から耳よりの技術を聞き出すことに成功しました。なんと、電算機自体を人間にしてしまおう、という海軍伝統の奇抜な発想による指令電算機というものが開発され、陸軍・空軍でも運用が開始されつつあるという事。
 これを聞きつけた営団は早速陸軍と交渉に入りました。最初は軍事技術を民間に流失させたくないという考えからか強硬に反対されていましたが、「戦時には装甲列車などの軍用列車の運用に就かせる」という口約束により、なんとか技術提供をしてもらえる事になりました。

 こうして、陸軍の技術援助を受け、元空軍技術士官が参加し、プロジェクトリーダーの趣味で海軍指令電算機のエッセンスが入った世にも奇抜な民間バーョンの人型指令電算機「クモヤ901ヒ」が完成しました。
 最初、営団内ではこの新しい制御装置(?)をどう扱うかで揉めたそうです。普通の乗務員として扱うのか、線路装置として扱うのか、機械として扱うのか……。
 結局、普通の乗務員として扱うと労働組合からの反発が来るという事で普通の列車扱いとなりました。配属も電車区ですし、運用方法も電車のそれと全く変わりません。そして一人だけでありかつ本来は試作である為に運用が非常に複雑になっています。
また人間と全く変わらぬ生活が可能である為、経験を重ねると共に思考能力が強化され、フレキシブルな運用ができないという欠点を完全に補うことが可能となった訳です。運転中は列車の装置と接続するのでより一層安心快適高速な旅を提供できるようになりました。

……大変前置きが長くなりましたが、これが私、『燕』というわけなんですね。



 え? なんですか? ……そうですよ、桜花提督の自己紹介をパクりましたよ|||OTL
 ちなみに、私は桜花提督に憧れています。ああいうやるときはやるという態度で乗客を守れるような運転士になりたいですw


 ……ちなみに、よく間違われますが、私はロボットではありません
スポンサーサイト

2005.04.29 | Comments(1) | Trackback(0) | お知らせ

コメント

はじめまして

はじめまして。また遊びに来ます。

2008-11-20 木 13:07:27 | URL | ミカ #- [ 編集]

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »



バーチャルネット運転士 燕ブログ(バーナー作成:桜花提督)
当ブログはリンクフリーです。バーナーは上のものを使われますと便利かと思います。
当ブログは基本的に架空鉄道です。実在の国家・鉄道会社・人物他とは一切関係ありません。

Copyright(c) 2005 Empire High-speed Railway Corporation Tubame.
Copyright(c) 2005 Mahora Electric Railway.
Copyright(c) 2005 Akikan-Bunko Taisei-Miyahara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。