This webblog is written only in Japanese but please take a look around. If you can't read Japanese, I'll say to you "I'm sorry".
And, This webblog is made from any jokes.
このブログは架空鉄道です。
桜花提督様のイラストです。燕は桜花提督を応援しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | Comments(-) | Trackback(-) | スポンサー広告

高速列車砲編成と救護列車

 なにやらJR西日本の社員が事故があったにも関わらず、その日にボーリングに行っていたらしいですね。
 なんというか……お前らのせいで他の真面目なJRグループ全社の顔に泥を塗りたくって……勘弁して下さい。
 少なくともJR九州とJR東海、そして帝都高速度鉄道営団は健全で安全な運行を行っています。
 どうか安心してください。




 さて、今日は帝国営団と陸軍が誇る、有事の際に活躍する列車達を紹介しましょうw



有事の際に活躍する列車達


 上から陸軍所属高速列車砲(左からニ両目にミサイル発射台がありますw)、陸軍所属救護列車、営団警備部所属高速警備車、営団救助列車です。全部0系が種車になっています。

 私は兵器ファンじゃないのでどんな仕組みかは判りません。詳しい方、どうかご教授下さい。
 多分高速列車砲の場合は、左から二両目の屋根が開いて、そこからミサイルを撃つといった感じみたいです。ちなみに、右から二両目は作戦室にも使えるらしく、そこは私も見学した事があります。
 基本的にコンセプトは高速で急行できるミサイル発射台という事らしいので、装甲はそんなに厚くないです。使えるかどうかは……私には判りませんが、少なくとも今まで一度も実戦では使われた事がありません。ただ、一度だけ日本近海に来たネコ船団をあやまって演習中に撃沈させてしまった事があります。

 救護列車は、座席の大半を取っ払ってしまっていて、機械やベットになっています。一番左側の車両は簡易手術室になっているようです。ベット数は少ないものの、一応大病院に匹敵する設備が備わっており、大規模災害が発生した際にはこの列車を急行させる……という事になっていますが、そんな大規模災害では大抵線路も破壊されているので、今のところ出番はあまりないというのが現状です。

スポンサーサイト

2005.05.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 帝国高速度鉄道営団

«  | HOME |  »



バーチャルネット運転士 燕ブログ(バーナー作成:桜花提督)
当ブログはリンクフリーです。バーナーは上のものを使われますと便利かと思います。
当ブログは基本的に架空鉄道です。実在の国家・鉄道会社・人物他とは一切関係ありません。

Copyright(c) 2005 Empire High-speed Railway Corporation Tubame.
Copyright(c) 2005 Mahora Electric Railway.
Copyright(c) 2005 Akikan-Bunko Taisei-Miyahara All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。